QualityForward Blog

ベリサーブのテストマネジメントクラウド、QualityForward の最新情報、ちょっとした使い方のTipsなどをお届けいたします

アップデート:ユーザ毎の言語設定とほか2点の仕様変更

いつもQualityForwardをご利用頂き、ありがとうございます。
2021/08/19のアップデートについてお知らせします。 

ユーザ毎の言語設定が追加

表示言語(英語と日本語)が、ユーザ毎に設定可能になりました。
初期の言語はテナントの言語設定です。テナントの言語設定から変更したい場合に、ユーザの言語設定を行って下さい。

表示言語の設定方法(すでにテナントにログインしている場合)

  1. ログイン後、右上のユーザ名のタブをクリックします。

  2. プルダウンメニューから「ユーザ設定」をクリックします。

    f:id:qf_support:20210817105614p:plain

  3. ”表示言語”のプルダウンメニューから任意の言語を選択します。
    f:id:qf_support:20210811111326p:plain

  4. 「更新する」ボタンをクリックします。   

表示言語の設定方法(初めてテナントにログインする場合)

  1. テナント招待メールに従い、URLにアクセスします。

  2. 名前とパスワード設定と共に、”表示言語”のプルダウンメニューから任意の言語を選択します。

    f:id:qf_support:20210817105211p:plain

  3. 「続ける」ボタンをクリックします。

その他2点の仕様変更

  • テストスイート一覧画面の情報がテストスイートの状態からテストサイクルの進捗状況に変わります。進捗状況は成分バーで表示され、任意のテストスイートを対象としたテストサイクル全体の進捗が一目で把握できます。f:id:qf_support:20210811112900p:plain

  • テストケースの総数がチャートのタイトルの下にも表示されるようになりました。チャートグラフを見ながら、フェーズ毎のテストケースの総数を正確に把握することができます。f:id:qf_support:20210811113740p:plain