QualityForward Blog

ベリサーブのテストマネジメントクラウド、QualityForward の最新情報、ちょっとした使い方のTipsなどをお届けいたします

APIを利用して、複数のExcelを一括でインポートするサンプルスクリプトを公開しました

f:id:qf_support:20190722141210p:plain
 

いつもQualityForwardをご利用頂き有難うございます。

 
今回は、QualityForward APIを使って、複数のテストケースファイルを一括でインポートする方法についてご紹介します。
Excelのインポートはブラウザ上でも取得が可能ですが、テストケースファイル数が多い場合にAPIを利用し一括で行うことで作業を効率化することが出来ます。
また、ご紹介するサンプルコードはGitHub上にも上がっていますので、是非ご利用ください。

 ※Python 3.7にて動作を確認しています。
 ※実行に必要な環境設定については こちら をご覧ください。

API実行準備

サンプルの利用方法

サンプルの利用方法については こちら をご覧ください。

スクリプトの設定変更

取得したサンプルを解凍し、解凍したzipファイルの[settings.py]を書き換えます。

1. [settings.py]ファイルを開きます。
2. URLやAPIキー、フォルダパスなどの各設定を対象のURLに書き換えます。

BASE_API_URL          = 'https://cloud.veriserve.co.jp/api/v2/' #APIのパス
API_KEY               = 'd388cd974f4451749cc21c8cbdded82be64c67cd3a195ec5' #APIのキー
FOLDER_PATH           = 'D:\\VeriServe\\qfscripts\\ImportTestCase\\files' #対象ファイルを格納するフォルダーのパス
TSV_NAME              = '1.0' #テストスイートバージョン名
QF_COLUMN_MAX         = 21 #QFで取り込める列の最大(テスト定義の自由項目数 +「優先度」列)
TSV_STATUS            = 'available' #テストスイートバージョンのステータスの値(利用可)
COL_TITLE_START       = '優先度' #ヘッダーの最初の列のタイトル
TEST_SUITE_DELETE_FLG = 1 #1:削除する、0:削除しない

※フォルダパスの "\" は "\\" に書き換えてください


[TEST_SUITE_DELETE_FLG]はインポートファイルと同じ名前のテストスイートが存在する場合の設定です。

TEST_SUITE_DELETE_FLG = 1 #1:削除する、0:削除しない

1:削除する → 既存のテストスイートを削除して新しくインポートしなおします
0:削除しない → 同名のテストスイートが存在する場合インポートが中止されます

インポートの注意点

※[TEST_SUITE_DELETE_FLG]で[1]を選択してスクリプトエラーが発生した場合、テストスイートがテストフェーズに関連づけられており削除できない可能性があります。関連づけを解除してから再度実行してください。
※インポートファイルに優先度の項目が設定されていない場合、インポートを開始することができません。インポートファイルに優先度が設定されているかご確認いただき、項目がない場合は追加してください。
 ※xlsx以外のファイルが存在する場合、インポート処理は行われません。

実行方法

1. 以下のコマンドでスクリプトを実行すると、指定したフォルダのファイルのインポートが開始されます。

  python ImportTestCase.py

2. スクリプトを実行すると、QualityForward上にテストスイートが登録されます。

f:id:qf_support:20200908130916p:plain