QualityForward Blog

ベリサーブのテストマネジメントクラウド、QualityForward の最新情報、ちょっとした使い方のTipsなどをお届けいたします

アップデート: アラートセンター機能によりアラートの検知ができるようになりました

f:id:qf_support:20190719112950j:plain

いつもQualityForwardをご利用頂きありがとうございます。

アップデートについてお知らせします。

 

 

アラートセンター機能について

今回のQualityForwardのアップデートにより、アラートの検知ができるようになりました。

 

設定を有効にすることで、以下のアラートがアラートセンターに表示されるようになります。

  • テスト結果に空欄があるままレビュー依頼を送信した
  • 特定の結果が入力されているのにレビュー依頼を送信した
  • 進捗に一定の遅れが発生した

※アラートの設定はプロジェクト管理者以上の権限が必要となります。

f:id:qf_support:20200715140127p:plain

アラートセンター設定

 左側メニューに「アラートセンター」が追加されました。 メニューにはアラート件数が通知され、アラートの一覧が表示されます。

f:id:qf_support:20200715150527p:plain

アラート一覧画面右上のアラートセンター設定ボタンを押すと、各アラートの内容を設定することができます。 

重要度はアラートセンター上での色分けに利用されます。infoは青、warningは黄、dangerは赤で表示されます。

f:id:qf_support:20200715150057p:plain

アラートをアーカイブする

確認済みのアラートをアーカイブすると、確認や対応が必要なアラートのみが表示されるようになります。アーカイブしたアラートは、アーカイブタブから確認することができ、アーカイブからアクティブに戻すことも可能です。

 

f:id:qf_support:20200715160919p:plain

テストサイクルの進捗情報をコピーする

テストサイクル一覧にテストサイクルの進捗情報をコピーするボタンができました。

アイコンをクリックするだけで、テストサイクルの進捗情報をコピーできるため、進捗報告の際などに活用してください。

f:id:qf_support:20200715161631p:plain

その他/変更/改善/不具合修正

  • テストサイクル作成画面に親のテストフェーズの期間が表示され、より期間設定がしやすくなりました。

f:id:qf_support:20200715162143p:plain

  •  成分バー更新時の集計不具合修正