QualityForward Blog

ベリサーブのテストマネジメントクラウド、QualityForward の最新情報、ちょっとした使い方のTipsなどをお届けいたします

テストの進捗をモニタリングする『レポート機能』のご紹介

f:id:qf_support:20190722141210p:plain

いつもQualityForwardをご利用頂き有難うございます。


 今回はテストのモニタリングで重要な役割を果たす、『レポート機能』についてご紹介です。

 

 

  QualityForwardでは、以下のメニューからプロジェクト全体またはフェーズ単位でテスト消化件数不具合のOpen/Closeの推移を確認することが出来ます。

f:id:qf_support:20200701112219j:plain

 『実行中のフェーズ』を対象に、全てのテストサイクルを自動的に集計、レポートへ反映します。この機能により全てのユーザが最新のテスト進捗を直ぐに確認することが出来るため、組織全体で進捗を意識しながらテストを進めることが出来ます

表示されるグラフの種類

レポート画に表示されるグラフには大きく分けて2種類あります。

  1. 収束曲線グラフ
  2. 積み上げグラフ

収束曲線グラフ

f:id:qf_support:20200701112558j:plain

『収束曲線グラフ』には、テスト消化件数と、不具合のOpen/Close件数が表示されています。また、それぞれに予想線を追加することが可能です。これにより、テストが順調なのかが一目で確認が出来ます。

収束曲線グラフから確認できる情報

 収束曲線グラフには、『実績』と『予想』が表示されています。実績テスト結果を元に集計されますが、予想は各テストサイクルの予実設定を入力することでその集計結果がレポートに反映されます。

 

計画を元に集計される情報

  1. 進捗予想
  2. 欠陥予測OPEN
  3. 欠陥予測CLOSE

f:id:qf_support:20200701115931j:plain

レポートに表示される予想は、対象となるテストサイクルをすべて自動集計したものを表示します。

テスト結果を元に集計される情報

  1. 進捗実績
  2. Q&A

実行対象となるテストケースに結果が入力されたものを実績とみなし集計、レポートへ反映します。また、実績とは別にレポートにはQAの件数が表示されます。これにより、現在実行中のテストでQ&Aによってテストが止まっているテストケース数を把握することが可能です。

BTS連携先を元に集計される情報

  1. 欠陥実績OPEN
  2. 欠陥実績CLOSE

f:id:qf_support:20200701134000j:plain

 BTS連携の設定をしている場合には、BTS側の件数をレポートに反映してくれますが、連携を行っていない場合でもcsvインポートによりレポートに欠陥実績OPEN/CLOSEの件数を反映することが出来ます。 

TIPS①: 特定のテスト結果の進捗を対象から外す方法

 チームによってはBLOCK=テスト未実施とし、レポートの「実績(進捗)」としてカウントしたくないケースがあります。その場合は、プロジェクトの設定から「進捗対象としない」チェックを入れることでレポートの進捗から外すことが出来ます。

f:id:qf_support:20200701134639j:plain

積み上げグラフ

『積み上げグラフ』には、日々のテスト結果を積み上げグラフで表示することでテスト全体の傾向を把握することが出来ます。赤点線は現在のテストケースの総件数です。

f:id:qf_support:20200701135346j:plain

グラフを使いこなそう!

レポートを更に使いこなす為の色々な操作方法をご紹介

 グラフの件数詳細を確認する

 カーソルを当てると、日付とその日の各件数がテーブルで表示されます

f:id:qf_support:20200701140309g:plain

表示/非表示を切り替える

 ラベルをクリックすると、表示/非表示を切り替えれます

f:id:qf_support:20200701140628g:plain

グラフを拡大する

 ドラッグ&ドロップでグラフの拡大が出来ます

f:id:qf_support:20200701141109g:plain

タイトルやラベル名をプロジェクトで変更する

 レポートの設定で、タイトルラベル名変えることが出来ます

f:id:qf_support:20200701144015j:plain