アップデート:テストスイートごとのカバレッジパネル表示、テスト結果のエクスポート・インポート(まとめて上書き)、ほか

f:id:qf_support:20190719112956j:plain

本日、以下のアップデートを行いましたことをお知らせいたします。

以下の機能は現在ご利用いただけます。

1.テストケースの属性をパネルで俯瞰できるカバレッジパネルが、テストスイート一覧画面でも参照できるようになりました

テストスイートを登録した時点で、テスト観点や品質特性ごとなど、ご指定いただいた属性ごとのテストケースの割合がひとめでわかり、テスト設計フェーズの妥当性確認などにご利用いただけます。

f:id:qf_support:20190522165416p:plain

2.テスト結果(テストサイクル)部のCSVエクスポート・インポート(まとめて上書き)が可能になりました

テスト結果が記入されたテストスイート全体のエクスポート(xlsx)とは別に、テスト結果部分のみのエクスポートとインポートが可能になりました。これにより、テスト実行結果だけを一括で反映したり、指定したIDの備考欄を一括で書き換える、といったオペレーションが可能になります。

※インポート時は、CSVの内容が忠実に反映される(=空欄は空欄にしたいという意思として、上書きされます)ことにご注意ください。

f:id:qf_support:20190522165433p:plain

3.テストスイート単体でのエクスポートに対応しました

テストスイート一覧画面で、テストスイートをxlsxでエクスポート可能になりました。これにより、インポートしたテストスイートの広範囲をエクセルで編集し、改めてインポートする、といった作業が容易になります。

4.優先度指定なしのインポートが可能なように仕様変更しました

複数行のテスト手順に対し、1つのテスト結果というフォーマットのテストスイートをご利用のさい、インポート時に優先度が補足されてしまうとこれを妨げてしまうため、インポート時に優先度が空欄の場合はそのまま空欄として扱うように仕様変更しました