QualityForwardアップデート情報(2018/03/19)

f:id:qf_support:20190519143300p:plain

QualityForward をご利用のみなさま

平素は、ベリサーブのクラウド 「QualityForward」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたびは、以下の機能をサポートするため、下記日時にてメンテナンスを実施させて頂きたく、お願い申し上げます。

【メンテナンス実施日】2018年3月19日(月)12:00~13:00

1.テストスイートのバージョン管理が可能になりました

これにともない、テストスイートのバージョンごとに
「利用可」「利用不可」「編集中」 というステータスが指定できます
バージョン名の指定は任意の文字列で可能です
現在存在するテストスイートはすべて 「1.0」 かつ 「利用可」 として再配置されます
現在実行中のテストサイクルや過去のテスト結果への影響はありません

f:id:qf_support:20190522164206p:plain

2.テストサイクルの状態「テスト中」「完了」等のステータスの編集はプロジェクト管理者以上に

テストサイクルが完了すると、テスト結果の書き換えが出来なくなる仕様でしたが、さらにテストサイクルの状態編集を一定の権限以上のみ可能としました
※旧仕様でも一度確定したテスト結果はそれ以降の編集時に 「テスト結果更新履歴」に記録されます

【重要】

バージョン管理機能の追加に伴い、APIバージョンが v1 から v2 に変更になり、
同時にv1は利用不可となります。新しいAPI仕様はヘルプページからご参照ください。

※通常、機能アップデートは無停止で実施可能ですが、今回は
テストスイートのバージョンデータ移行のための時間を頂戴しております。
※現在実行中のテストサイクルや、投入されているテストスイートに影響はありません