QualityForward Blog

ベリサーブのテストマネジメントクラウド、QualityForward の最新情報、ちょっとした使い方のTipsなどをお届けいたします

「成分バー」を使いこなして、テストの進捗状況を把握しよう!

いつもQualityForwardをご利用ありがとうございます。 本日は、一目でテストケースの消化数と結果の割合を確認できる「成分バー」についてのご紹介です。 成分バーを使って、テスト進捗を確認しよう! 様々なページに配置される成分バー より詳細な結果を確…

チームWikiを活用して情報を共有しよう!

いつもQualityForwardをご利用頂きあリがとうございます。今回はWiki機能の使い方についてご紹介します! チームWikiとは? 基本的な使い方 Wikiのルートページ ページを追加する ページに目次を追加する ページにファイルを添付する ページに色々なコンテン…

アップデート: テスト結果項目にデフォルト値を設定できるようになりました

いつもQualityForwardをご利用頂きありがとうございます。 2020/05/11のアップデートについてお知らせします。 今回のQualityForwardのアップデートにより、テスト結果にデフォルトで入力される値を設定できるようになりました。 便利な使い方 デフォルト値…

Tips:テストの全体像を視覚的に表現する 『カバレッジパネル』を利用しよう!

QualityForwardでは、テストマネジメントを行う上で一般的に必要な進捗管理グラフを多数サポートしています。 今回はその中の1つにある、「カバレッジパネル」について、ご紹介させて頂きます。 カバレッジパネルとは? <カバレッジパネル> テストケース…

アップデート: テスト実行画面からBTSのチケット登録ができるようになりました

いつもQualityForwardをご利用頂きありがとうございます。 2020/04/14にリリースされたアップデート情報をお知らせ致します。 右クリックからBTS起票が出来るようになりました QualityForwardから簡単にBTSへチケット登録できるようになりました。 テスト実…

BTS連携:JIRAのチケットの新規作成URLパラメータ確認方法について

アップデートで、新規チケット作成画面のURLを設定すると、テストサイクルでテストを実行中に右クリックから簡単にチケットへの起票をできるようになりました。 新機能を使用するにはテストフェーズ設定画面のBTS連携で「チケットの新規作成URL」を設定する…

Tips:コメント機能を活用して、円滑なコミュニケーションを取ろう!

テスト実行時にテスターとテストリーダ間のやり取りを円滑に行える「コメント」機能のご紹介。

API経由でテスト結果を投入する

自動テストからのテスト結果を投入したい場合など、QualityForwardではAPI経由でテスト結果を投入することが可能です。以下にサンプルコードをご紹介いたします。 ※Python 3.7にて動作を確認しています。テスト結果を投入したい先のテストサイクルのURLが ht…